【庭】で家庭菜園 全記事の一覧 畑づくり

フリーデザインエッジの使い方【庭の畑&花壇の囲い】

フリーデザインエッジの使い方

通販やホームセンターで手に入りやすい花壇や畑の囲い「タカショーのフリーデザインエッジ」。コンパクトな上に自由設計出来る優れものです。

かれこれ庭の家庭菜園用として買い足したりと9年は使い続けておりますが、購入当初、使い方の詳しい説明書が付属しておらず、この使い方であっているんだろうかと思ったことがあります。

そこで、フリーデザインエッジの使い方をまとめてみました。

フリーデザインエッジの使い方で準備する物

<用意する物>

・フリーデザインエッジ(タカショー社製)

・付属のペグ

・カッター(又は糸鋸)

・剣先スコップ

・軍手やガーデニング手袋

・(必要に応じて)ハサミ

本記事では、フリーデザインエッジのダークブラウンのLサイズを使用しています。使用感は次の記事にあります。

>>・フリーデザインエッジのレビュー【7年間使用した正直な感想】(記事)

フリーデザインエッジの使い方の手順

まず作りたい面積に応じて、土を掘ったり石を取り除いたりして畑の土台を完成させます。

>>・家庭菜園を庭でつくる!畑の作り方(記事)

それからフリーデザインエッジを使います。

① エッジの曲がりクセを戻す

購入時は丸まった形態で販売されていますよね。コンパクトで良いのですが、使用する際にはこの曲がり癖がクセモノです。

そこで使いやすくする為に、伸ばしていきまます。

まず広い場所で、下の写真のようにフリーデザインエッジを置き、やさしくやさしーく足で踏みながらまっすぐに伸ばしていきます。

フリーデザインエッジの使い方

写真は足は少々見苦しかったのでサンダルだけ映しました。

女性の方であれば、ヒール等硬いものは傷つくのでやめた方が良いかと思います。

最終的にはこんな感じになれば、いい感じです。

フリーデザインエッジの使い方
フリーデザインエッジの使い方

上は全体像です。踏むだけで、仮置きする際にやり易くなります。

今回は拡張した畑に残ったエッジとして使用したので短いですが、最初はもっと長いです。

②仮置きする

では、早速、畑や花壇など使用したい場所に沿わせて仮置きしていきます。

この時にサイズ調整します。長いようなら、カッターで切りますが、そのまま重ねて使っても大丈夫です。

置く時は、外側5~6cm程隠れるように置くと安定します。

仮置きする際に、端っこは石や木の棒等で固定し、真ん中あたりは培養土を内側に入れて固定します。

フリーデザインエッジの使い方

管理人は庭にあった石を使用しましたが、何回も置き換えていたら傷つきましたので、慎重に置いた方が無難かもしません。

培養土は少しずつ入れていきます。この時点で土を満タンに入れると外側にこぼれます。

③付属のペグを挿す

次の写真の通りに、挿していきます。

フリーデザインエッジの使い方
フリーデザインエッジの使い方

ペグでは短い場合、木の棒を使って支えても良いかと思います。

<ペグは表側?裏側に挿せばよい?>

景観としてはお好みでよろしいかと感じます。きちんと支えてあれば、良いです。

実際にやってみました。

・外側にペグを挿した状態

フリーデザインエッジの使い方

・内側にペグを挿した状態

③培養土を入れる

最後に培養土を入れて完成です。

どれだけ培養土を用意すれば良いかわからない場合は、他の記事で記載しています。

>>・畑や花壇にどれだけ培養土が必要?(記事)

以上です。囲いの中でも使い方の点で、お手軽な部類に入るのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

よーさん

園芸業界内の一企業に就職経験があり、現在は庭の畑の連作障害で頭を抱えている一人。他にも畑を借りてやっています。 趣味:ホームセンター・園芸店巡り

-【庭】で家庭菜園, 全記事の一覧, 畑づくり

© 2021 元園芸業界人は掘りさげる Powered by AFFINGER5